お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

Microsoft Office のプロダクトキーを確認する方法 (コマンドプロンプトから)

Microsoft Office のプロダクトキーを確認する必要性が出てきてしまった。

別に不正利用とかそういうのではなく。

むしろ不正利用にならないために。

※パソコンがたくさんあって、Officeのパッケージ版も台数分あって。

パソコンが1台壊れて廃棄になり、新しいPCを買ったのだけれども

Officeを入れ直そうとしたら、どれなのかか分からない・・・という o(_ _)o

適当にインストールすると、どれか他のパソコンにインストールされているOfficeと重複してしまう。

確かMicrosoft Office は二台までインストールできたはずなので、それでも使用上問題は起きないとは思うが、ライセンス上は多分違反ですよね。

気持ち悪いのでちゃんと棚卸ししておきたい。

⇒ プロダクトIDはEXCEL等を立ち上げて「ヘルプ」を表示させるとそこに書いてある。

が、パッケージ版の中にプロダクトIDが書いてないのでどれだか分からないorz

しかも、どうもプロダクトIDって、パソコンごとに固有(ランダム)に振られる?(この辺追求していないので不明)

やはりプロダクトキーで確認するのが手っ取り早し。

☆プロダクトキーの確認

マイクロソフトアカウントに紐付けができているオフィスソフトの場合は、WEB上から確認できる。

そうでない場合のやり方…

※OSとOfficeのバージョンによって方法が違う

※2 Office2007にはこの方法は使えない模様(Office2007はサポートが2017年10月に終了)

まず、OSがインストールされているドライブ(一般的にはCドライブ)で「ospp.vbs」というファイルを探します。(※このファイルの場所がバージョンによって色々違う)

例えば、Office2013(64bit)でOSも64bit版を使用している場合

c:program files\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs

OSは64bitだがofficeは32bit版の場合は

c:program files(x86)\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs

という感じ。

検索して場所(パス)が分かったら

[Windowsキー]+[R]を押して「ファイル名を指定して実行」を起動

「cmd」と入力し[ENTER]

コマンドプロンプトが立ち上がるので、そこに

cd /d c:

と入力(Cドライブの場合) ←※ドライブのトップディレクトリに移動している

cscript "パス" /dstatus

と入力して[ENTER]

※「パス」の部分には先程のファイルのパスを入れる。

例えばこんな感じ
c:¥> cscript "program files (x86)\Microsoft Office\Office15\ospp.vbs" /dstatus
で実行すると結果が表示される

(OSとOFFICEのバージョンによって表示は違うかもしれない。)

自分の環境ではこんな感じになった
Microsoft (R) Windows Script Host Version 5 Copyright (C) Microsoft Corporation. All ri ---Processing-------------------------- --------------------------------------- SKU ID: ********-****-****-****-*********** LICENSE NAME: Office 15, OfficeProfessional LICENSE DESCRIPTION: Office 15, RETAIL chan LICENSE STATUS: ---LICENSED--- Last 5 characters of installed product key: ■■■■■ --------------------------------------- --------------------------------------- ---Exiting-----------------------------
■■■■■の部分にプロダクトキーの最後の5文字が表示されている。
5文字しか表示されないが、とりあえずどのパッケージか識別はつきそうです(^-^;)

セキュリティ上の問題だと思いますが、すべてのプロダクトキーを確認する方法はないようです。(大昔の事なのでよく憶えていませんが、古いバージョンのMicrosoft Officeでは全部見られたような気がします。)
不正利用を防ぐために見られないようになったのでしょうかね。。。

ところで先日、とあるTV番組で、潔癖なタレントVSズボラなタレントというテーマのトークがありました。

潔癖な人は、
	
「人が触れたものなんて、バイ菌がついているので触りたくない」

と言う。

しかし皆さん、霊的な汚れについては無頓着ですね。。。

もう少し、物質ではない「気」の汚れについても、神経質になればいいのに、などと思ったり。

霊的な汚れなんて本当にあるの?見えないし感じないし?と思うかも知れませんが・・・

しかし、バイ菌だって、見えませんよね?(笑)

そういう知識があるからそう思うのであって。

実際、目には見えませんが、バイ菌がついた状態の食べ物を食べれば病気になったりします。

同様に、霊的な汚れを身体に入れてしまえば、幽体が病気になったりするわけなんですけどね。。。

いくら治療してもなかなか肉体の病気が治らない、と言う人は、幽体の健康状態が悪いせいかもしれませんよ。。。

技術を知っていれば、幽体の汚れを落とすのは、それほど難しい話でもないケースが多いようです。

手が汚れたら手を洗う、体が汚れたら風呂に入る、という程度の話。

昔の人は、折にふれ、水を浴びたりして身を清めるということをしていたわけです。

興味がある方は、このブログの霊魂学の項目へどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました