お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

神経質な人はオニギリや握り寿司は食べられない

(霊魂学的)雑記・雑談生活・料理・便利グッズなど
潔癖症な人、特に霊的なものに敏感・潔癖な人は見ないほうが良いかも知れません。。。

読み進む方は○○や△▽△▽が食べられなくなっても自己責任でお願いします。

まぁ、

信じるか信じないかはアナタ次第 m9(  ̄  ̄)

ですが。。。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
さて、世の中の食べ物というのは、基本的には人が手で作っているわけですが。

今の時代は霊的な環境は非常に悪い状況となってしまっておりますので、手から穢れた幽気を出している人、間気を漏らしてしまっている人なども多いわけです。

(人は、悩み事があったり、ショックな事があったりなど、ちょっとした事でも、間気が漏れ始めてしまう人は多いようです。)

また、今はどこに行っても汚れた幽気しかないような状況ですが、さらに一段と穢れた幽気の溜まっている場所に出入りしたりして、汚れてしまう人も多いわけです。

大量の排気ガスが充満した場所に行くようなモノですね。肺の中にもたくさん汚れた排気ガスを吸い込んでしまいます。

排気ガスなら吸い込めば不快ですからすぐ分かりますので、マスクをしたり早急にその場所を離れるなどの対処ができますが、汚れた幽気の場合、吸い込んでも気が付かない人がほとんどです。

霊的な感性が敏感な人なら、なんとなく不快と気がつくかも知れませんが、現代はあまりに低い幽気が多くなっていて、人々がそれに慣れてしまっているため、鈍感な人も多くなったように思います。

また、排ガスは吸い込むだけでなく、身体・衣服にも着いて汚れてしまいますね。

普通は、衣服や肉体の外面的な汚れは、手を洗ったり風呂に入ったりして清潔に保つ努力をしますが、霊的な汚れという視点をほとんどの人が持っていないために、そちらは洗い流すこともなく、汚れ放題で放置しているという人が圧倒的に多いわけですね。

物理的な汚れは、手を洗ったり消毒したりして気を使いますが、霊的な汚れに関しては、まったく手を洗わずに調理しているような状態と言える人も多いかも知れません。

これが、おにぎりやお寿司など握り込む系の料理では、それはそれは恐ろしいことに・・・

間気を漏らしている手で直接オニギリや寿司を握り込むと、それはコメと一緒に間気を握り込んだ「間気握り」となっているかも知れません。

汚れた幽気を手に付けていた人、そもそも自分の身体から出ている幽気の質が低い人なら、穢れた幽気の握り込まれたモノとなっているかも知れないわけです。

(最近は調理室ではビニール手袋をしている場合もありますが、霊的な汚れは物質は透過してしまいますので、あまり意味がないですね。)

それにそう考えると、誰が作ったか分からない料理なんて怖くて食べられなくなってきますよね、特に握り系の料理は気持ち悪くて食べられなくなってきます。(コンビニのオニギリなどは機械で握ってるんじゃないかと思いますが、それはそれで別の危険性もあるらしいので悩ましいところです。)

それでも、自分で祓いの霊術などができる人なら、食べる前に祓ってしまえば良いと思いますが(私はそうしています)

目の前で握って出される寿司などは、その場でいちいち祓いを行うわけにもいかないですから、そのまま食べるしかありません・・・(*_*)

せめて、霊的に汚れていなさそうな、霊的身体の健康な職人さんが居る寿司屋を選べば良いのでしょうが、今はどこを探しても、そんな人はほとんどいないのですよね。

まぁそこまで神経質に気にしていると生きていけません(笑)

付き合いで仕方なく食べる事もありますが、そういう時は気にせず食べ、家に帰ってから毒素を排出するべく、霊術なり霊的なトレーニングなりを行うようにしています。

ただ・・・

※放射性物質は、身体の外側に着くのも良くないですが、それ以上に内部被曝(吸い込んだり食べたり)すると身体に良くないそうで。

それと同じで、低い幽気なども、身体の外側に着いているだけなら影響も少なく落とすのも簡単ですが、内部に入ってしまうと悪影響が大きく、排出するのもやっかいになるようです。

そのために、内部に入ってしまった低い幽気を排出するためのより高度な霊術もあります。

(もちろん、ある程度霊的トレーニングを行った人でなければ習得できない霊術ですが。)

まずは基本は、自分の霊的身体を鍛えること。

肉体を鍛え、肉体の健康に気を使うのと同じように、霊的な身体も鍛える必要があります。

生物には、物質の身体だけではなく、霊的身体もあるだろうと思う方は、霊的な身体の健康にも気を使いたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました