音緒の作り方 バージョン1

音緒の作り方図解

と思ったのだけど、

立体的なものを、平面図で説明するのがとても難しい(笑)

本当は三本束ねてやるのですが、分かりやすくするために一本だけでとりあえず書いてみた -----
スポンサーリンク
スポンサーリンク
one_v01.gif
one_v02.gif

上の図中のAが猿尾にかける部分、Bが弦をかける部分になるので、そこだけ輪が残るようにしながら、形を崩さないように徐々に締め込んでいく。


紐一本だけで締めこんだ状態
neo_1p.jpg


結び目が見えにくいので絵を描いてみた
neo_line1.gif
図中Aは裏側を通ってもうひとつのAに、BはBに繋がっている。

※Cの部分は実際は裏側に回って見えなくなるんだと思う
neo_line2b.gif


紐を三本束ねて同じように結べばよいのだが、弦がかかるBの部分だけは、Cの紐が通過するときにみっつに分離するようにBの間に入れるようにする。

B1とB2の間にC1、B2とB3の間にC2、B3の輪の中にC3を通す。
neo010.jpg

三本束ねて結んだイラストに描くとこんな感じ?
neo_line3.gif

neo_rope.gif

※紐の両終端にも輪が見えるのは、三本の紐ではなく、一本の紐を三つ折にして使っているため

三本の紐を使っても同じになると思われるので、それでも良いと思う


#しかし・・・本物の音緒は、随分ギリギリで結んであるけど、どうやってるんだろう・・・・

※こっちのが分かりやすいかも ⇒ <解説 Ver 2 実写版
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする