お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

スピードスケート 小平奈緒と李相花の友情物語

平昌オリンピックで2018年2月18日、スピートスケート女子500メートルで小平奈緒選手が金メダルを獲得した。

レース直後、優勝した小平奈緒が2位に終わったライバル、李相花(イ・サンファ)に歩み寄り、健闘を称え合った姿が国内で感動を呼び、韓国メディアは「スポーツの力を見せつけた」などと大きく報じた。

小平は金メダル確定後、涙を流す李に駆け寄って抱擁し、韓国語で「よくがんばった(チャレッソ)」と声を掛けた。

「二人は同じチームの選手が金・銀を獲得したかのようにお互いをたたえ、ともに場内の歓声に応えた」[中央日報]

小平は直後の会見で、ソウルで開かれた世界選手権で初めて李を破り優勝した時のエピソードを披露した。

『スケジュールの都合で急ぎ帰国しなければならなかった小平のために、李が空港までのタクシーを手配し料金も払ってくれた。

悔しいはずなのに助けてくれた。人としても選手としても尊敬できる』

李も、『小平とのレースで嫌な気持ちになったことがない』と応じ、[韓国経済]は「二人の友情に氷もも溶けるほどだ」と伝えた。

また、小平が五輪記録を打ち立てた直後、歓声に沸く会場の日本人応援団に、口に指を当てて静かにするよう求めたゼスチャーも話題になった。直後に李が出走を控えており、スタートに影響を与えないよう配慮したのだ。

各紙は「小平は人間性も金メダル級だ」と伝えた。

李は自身のSNSに、小平が李の肩を抱いて韓国旗を持ち健闘を讃えている写真を掲載、『韓日戦に感動した』と記した。

19日の韓国各紙は、金メダルを取った小平が、銀メダルに終わり泣き崩れる李を抱き寄せる姿を大々的に報じた。スポーツの世界でも日本への対抗意識をむき出しにする韓国マスコミとしては異例の扱いで、日韓の爽やかな友情物語として韓国でも注目されている。

朝鮮日報は「両選手が抱き合った際、小平が『あなたは尊敬する選手だ』と李に語りかけ、李は『500も1000も上手に滑れるあなたが誇らしい』と応じた」と伝えた。

二人はソウルでの出来事以降、友情を深め、一緒にチムジルバン(韓国式サウナ)を楽しむ仲になったという。

日本と韓国は、本当ならこのように高度な人間性を持って友情を育めれば一番理想なのでしょうが・・・難しいのでしょうね。

実は、近年まで、日本人は韓国に反感を抱いていなかったと思うのですが。

不確かな証拠を持って何十年経っても「謝罪と賠償を」と感情的に責め立て続けられると嫌気がさしてしまったのだと思います。

李選手のように良い人も居るとは思いますが、基本的には韓国側が反感をむき出しにするから日本側も嫌いになっていくという構図があるわけです。

本田素一郎や福沢諭吉など、関わるなと助言を残していますね。そのような立派な方々がそんな境地に至るのは、相当な経験があったのだと思いますが・・・

確かに、反りが合わない者同士が無理に付き合ってうまくいくはずがありません、そういう場合は距離をおいて、お互いに関わらないというのもひとつの手です。

こうなったら、先達の教えに従って、お互いに「関わらない」のが一番の解決なのかも知れません。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました