お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

北海道地震 大停電の起きた原因 (供給能力が不足で発電所が停止してしまう理由)

科学・技術・文化・教育 時事・話題 政治・経済・法律
平成30年9月6日午前3時ごろ、北海道南西部で震度7の地震が発生し、その後北海道全域で停電する事態に発展した。

なぜこうなったのか?

北海道は火力発電を中心に電力を賄っていた。
北海道の発電所一覧

他に水力と原子力もあるにはある模様
北海道の水力発電所一覧

原子力発電所もあるが2012年から全機が停止中(※理由は後述)
北海道の原子力発電所(泊原発)

停電の原因

(1)震源地近くの発電所=苫東厚真発電所(発電能力165万キロワット、道内の半分の電力を賄っている)が緊急停止

(2)電源の供給力が半分に下がったことで、道内の他の発電所もすべて安全のため自動停止した。

なぜ供給力が不足すると停止してしまうのか?

⇒発電所は需要と発電量が一致していないと周波数を維持できないため。

一気に需要が増大したため、周波数が大きく乱れて機器の故障の発生するのを防ぐため、安全装置が作動して自動停止するようになっている。

しかし北海道ではこれから冬に向かい、電力の不安を解消してほしいという声が高まっている。。。

もともと、泊原発が定期検査のため停止したまま再稼働許可が出ず、長期停止したままの状態のため、今回最初に停止した苫東厚真発電所が無理な運転を続けて電力を維持していた状況があった模様。
国内原発 5日に全て停止 42年ぶり、泊3号機検査入
国内の原子力発電所で唯一運転している北海道電力の泊原発3号機(北海道泊村)は5日深夜、定期検査に入り発電を停止する。政府は昨年3月の福島第1原発の事故を受け安全対策を見直すとともに、関西電力大飯原発…
www.nikkei.com
つまり、もとから限界ギリギリ、余裕のない状態での電力供給だったわけで、どこか一箇所でも破綻すれば、こうなることは分かっていた事らしい。

(ということは、これは他の地域でも起きる可能性があるということなのでは?)

これを受けて、泊原発を再稼働せよという意見も増えているが、地下の活断層について意見が分かれており、許可の判断がなかなか出ないでいる。

また、今回の地震で、「泊原発の外部電源が喪失!」というニュースが踊っていた。

何か地震の影響で泊原発にトラブルでもあったのかと思いきや、要するに、予定通りの危機対応ができていた、というだけの話らしい。

※外部電源が喪失=つまり今回の大停電

非常電源で稼働=外部電源がなくなったらそうする予定で準備されていたもの。

まるで泊原発に落ち度やトラブルがあったかのような報道の仕方をされると、なんかドキッっとしますね。。。

※既に原発用の電源はすべて復旧してるとのこと。
【電子版】北海道地震/泊原発、外部電源すべて復旧 1-3号機
北海道胆振地方の地震で6日、北海道電力泊原発(泊村、停止中)の外部電源が喪失した。非常用ディーゼル発電機6台が起動し、使用済み燃料プールの冷却を継続。同日午後0時13分に3号機の...…
www.nikkan.co.jp

この停電で、生命維持装置(人工呼吸器)が停止したため、0歳児が重体に、というニュースも・・・(他の病院に搬送された模様)

「たかが電気」と言って批判を浴びているミュージシャンもあるようですが、ライフラインを支えるため、現代社会において電気は特に重要ですね。

つまり、電気は、文字通り「生命線」なんですね。

(ほとんどの機械が電気なしでは動かない。水道やガスも電気なしではポンプが制御できません。)

☆泊原発はなぜ停止中のままなのか?

下記のサイトの記事によると、泊原発は一度審査を通って再稼働が認められた状態だったのだとか。

ところが、当時の政権(民主党・菅直人首相)の強権発動で、「安全審査のやり直し」をさせられ、そのまま許可が出ない状態なのだとか。

しかも、その審査の理由が

『泊原発近くの海底に活断層の存在を否定できない』

というものだったとか。

そして、北海道電力に「活断層が存在しないことを証明せよ」と要求しているのだとか。

活断層があるというのなら、あると主張した規制委員会がそれを証明する義務があるはずですよね。

それをせず、「ないことを証明せよ」というのは、「悪魔の証明」とですね(※)

不可能、理不尽な要求なわけです。
※悪魔の証明とは
「存在しない事の証明」は不可能な事であり、悪魔の証明と呼ばれる。

存在することの証明は、その物証を一つでも発見すれば証明になるが、存在しないということは、すべての場所をくまなく調査しなければならず、不可能である事が多い。

例えば、宇宙人が居ることの証明は、宇宙人を一人でも発見できれば可能だが、宇宙人が居ない事の証明は、全宇宙を調査しなければ分からない事なので不可能である。
宇宙人などいないと主張しても、「今はまだ見つかっていないだけで、探していない範囲に存在しているかもしれない」という主張を覆せない。

法律的には、罪に問われた側には「自分に罪がないこと」を証明する義務はなく、訴えた側に「その犯罪があった事の証拠」を示す義務がある。

ある日突然、身に覚えないのない罪で逮捕され、「オマエがやった証拠は一切ないが、犯人じゃないと言うのならやってないという証拠を出せ。出せないなら犯人だから処罰する。」なんて言われたら堪りませんからね。
なるほど、それで、いつまで経っても再稼働の許可が降りない状態なのですね・・・

原子力規制委員会が『「ないことは証明できない」=「あるかもしれない」から再稼働は認めない』と言い張り続けている限り、いつまでも結論が出なさそうですね・・・
北海道地震、未曽有の大停電は菅直人にも責任がある
澤田哲生 9月6日深夜3時8分。北海道を襲った最高震度7の地震は、道内全域をブラックアウト(停電)に陥れた。私たちは広域停電の恐怖をまざまざと見せつけられたのである。295万戸が停電し、1日経っても131万戸分程度しか電源は回復しなかった。完全復旧には1週間以上かかる見通しである。 巧妙に仕組まれた「脱原発装置」 迫られた「悪魔の証明」…
ironna.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました