【PUP SCAN】プロジェクト失敗で逃走?【大統領始めフランスは信用出来ない】

クラウドファンディングに資金提供した PUP SCAN ですが 予定の納期を過ぎて一年が経過 10月に「最初の100台は出荷した。残りも12月に出荷できる予定」と発表 ところが 11月に「資金が尽きた。製品を生産できる目処は立っていない」 これについて、状況の説明にライブを行うと発表していましたが、行われたようです。

Diffusion en direct de PUP Scan

忙しくて見られませんでしたが、しかし・・・ みなさんの怒りのコメントを見る限り、結論としては、資金が尽きて生産できない。 生産再開の目処は立っていない。 という結論は何も変わらなかった模様?

年内に完全破綻&撤退(とんずら)しそうな気がします。間違いなく歴史に残りますね、この珍プロジェクトは。
大統領始めフランスは信用出来ないって事だけ刷り込まれました。
日本でのプロジェクトの開始から今回のliveまでにした、納期の虚偽、必要な情報を開示しないやり方は騙しといって詐欺である。
あなたたちは詐欺だと確信しました。

「資金が尽きた」のか、「ソフトウェアの問題で生産できない」のか、理由の説明もはっきりしないようです。 年内に破綻・撤退を予想されている人が居ますが、そんな気がしてきました・・・ うーん、クラウドファンディングについて、良い勉強になったと言うべきか? 約2万円の投資はドブに捨てることになったようです。 出資というより、製品を買う代金として支払ったつもりだったのですけどね。 クラウドファンディングは投資だから失敗する場合もある、ということですが、資金集めの際に試作品が既に完成しているかのような宣伝をしていたのに、実際は「これから開発します」は詐欺でしょう。 日本人の「できない」と 韓国人の「できる」と 中国人の「できた」は信用しない というドイツ人の名言があるそうですが(笑) フランス人の「出来ます」「出来ました」も信用出来ないという感じでしょうか?(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする

コメント

  1. 詐欺だと確信した人 より:

    こちらは以前からチェックしてました(笑)。
    中継する費用とか自分たちの給料はあるようなので、金がないのは嘘でしょうね。フランス人はいい加減と聞いてましたが、聞きしに勝るとはこのことでした。

    というか、結構早くから怪しいと思って指摘を繰り返していたので、プロジェクトの頓挫は想定の範囲内です。しかし、これを通した MotionGallery はコレクターへの対応も含めてちと酷いです。

    ブログ主様もご愁傷様です。

  2. pandametal より:

    高い勉強代でした...orz

    (TーT)b

  3. 騙され人 より:

    本日最終通知が届きましたね。
    Fxxk!

  4. pandametal より:

    投資に失敗ということですね。
    もはや笑うしかない

    投資(ファンディング)を通販と同じような感覚で申し込んでしまったのがバカでした(笑)