【Linux】別のPCの共有フォルダをマウントする【覚書メモ】

Linux上で、ネットワークに公開されている共有フォルダをマウントするには

mount -t cifs //IPアドレス/フォルダ名 /マウントポイント -o username=ユーザー名,password=パスワード 例

mount -t cifs //192.168.0.1/share /test1 -o username=abcd,password=efgh

※samba-clientがインストールされていること apt-get install samba-client

CIFSとは
CIFSとは、Common Internet File Systemの略で、Windowsのファイル共有の仕組みであるSMB(the Server Message Block)をWindows以外でも利用できるようにしたもの。 Sambaは、LinuxなどのUnix系OS上で、CIFSを使ってWindowsとのファイル共有を実現している。

Linux同士であれば、「NFS」も使える サーバー側 nfsサーバーパッケージをインストールする /etc/exportsファイルを編集 書式 公開するディレクトリ ホスト名(オプション) 公開するディレクトリ アドレス/ネットマスク(オプション) 例

/test1 192.168.0.0/255.255.255.0(ro,fsid=0,no_subtree_check,no_root_squash)

※アドレス/ネットマスクとオプションの括弧の間にスペースを入れない ※no_root_squashを記述しないと自動的にroot_squashが設定される クライアント側からshowmountで/etc/exportsの設定を確認できる 例

showmount -e 192.168.0.1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする