スポンサーリンク

暗号化ZIP終焉のお知らせ

『暗号化ZIP終焉のお知らせ』というツイートが話題になっていました。
時間がなかったので後で見ようと思ったら、ツイート主がすぐにツイートを削除してしまったようで、詳しく分からなかったのですが。紹介されていた元ツイートは残っていますね。
英語なのでよく分からないのですが(笑)
翻訳ソフトを使ってもよくわからない(*_*;)

と思ったら、紹介していた りなたむ さんが訂正ツイートを出されていましたので意味が分かりました(^^;)

ちょっと興味が出たので調べてみたのですが、どうやらグラフィックスの処理チップを利用してパスワードを総当たりで解析するという技術があるようですね。

こちらの解説がわかりやすかったです。
セキュリティレポート|第1回:そのパスワードで大丈夫? ~ GPGPUによる高速パスワード解析「パスワード解析と解析マシン」
今回は、GPGPU(General-purpose computing on graphics processing units)によるオフラインパスワード解析に関する話を数回に分けてご説明いたします。 なお、今回使用している解析マシンでは、法人向けパーツ等は一切使用しておりません。一般に購入できるパーツのみで構成されており、どなたでも入手することが可能なマシンです。…
https://www.dit.co.jp/
CPUは処理速度は速いのですが、演算コアが少ない。GPUは演算コアが多く処理速度は遅い。仕事が遅くても、単純作業を大量にこなす必要がある場合は、質より量ということですね。

CPUはコア8個に対して使用したGPUはコア数が2048個、かける4枚ですから8192、単純計算で1000倍位上の処理速度が期待できるわけですね。

使用したソフトは伏せられていますが、検索すれば色々出てきますので意味がないような(^^;)

⇒ https://michisugara.jp/archives/2012/passgetter.html

検証した結果、CPU(Core i7)を使っても2年半かかる処理が、GPU(4枚刺し?)で20日で終わってしまうという結果に。。。
※英大小文字数字記号を織り交ぜた8桁のパスワードの解析の実験結果と言う事ですが、実際には8桁なら、現在なら十数日程度で解析できるというような話もよく聞くのですが、なぜ二年半もかかっているのでしょうね?
まぁ処理したソフトやその他、諸条件が違うのでしょうね。もしCPUで十数日で解析できる環境なら、GPU動員なら一瞬で解析できてしまうかも知れませんね。
これ、スーパーコンピューターを借りたとかではなく、市販のパーツで素人が組めるようなものでもこの結果ですから。

もっと大掛かりな事をすれば、例えばGPUをもっと大量に導入するとか、複数のPCで分散処理させるとか(素人にはやり方が分かりませんが、世界中のPCの余っている時間を利用して分散コンピューティングにより難病の治療薬を開発するなんてプロジェクトがありますので多分可能なんじゃないかと思いますが)、もっと短時間で解析できてしまうということですよね。。。

ちなみに、パスワードの桁数による強度を表示してくれるサイト「HOW SECURE IS MY PASSWORD?」では、「英大小文字数字記号を織り交ぜた8桁」のパスワードの解析は「2日」という結果になりますね。。。

これはあくまでローカルに保存してあるファイルに対する総当たり(ブルートフォース)解析という条件なので。

例えばネットワークごしであれば、パスワードを入力して認証に失敗したあと、次のパスワードを試せるようになるのに1秒でも遅延を入れれば、それだけで総当たりは不可能なほど天文学的な時間が掛かるようになりますし、

10回間違えたらパスワードが無効化されるなどの処理もありますので、そう簡単にクラックはできないと思いますが。

ただ、パスワード付きZIPならば、上記の方法で解析が可能なわけです。

単純に総当たりで解析できてしまうのであれば、処理速度が十分速ければ、何桁であっても解除できてしまうわけですね。
現状では100万年かかる解析が、10年後には処理速度が高速になって数日で解析可能になっている可能性はあるわけですね。

とりあえず、現状では「英大小文字数字記号を織り交ぜた12桁以上のパスワード」であればクラックされる可能性は低そうですが・・・

詳しくないのでいまいちよく分かっていないのですが、「量子コンピューター」が実用化されれば、それも短時間で解析可能な時代が来るかも?

こんなチップが出てきていますので、実用化は意外と早く来るのでしょうか。。。
スパコンが8億年かかる計算を1秒で解く国産チップ【ブレイクスルー?!】
スパコンが8億年かかる計算を1秒で解く国産チップの驚異的潜在力富士通の異才研究者がそのチップを作ったとき、誰もその潜在力を理解していなかった。2016年に試作品ができたそのチップの名は「デジタルアニーラ」。スーパーコンピューターを凌駕する処…
pandaignis.com
セキュリティ関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SKILLS OF LIFE 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました