スポンサーリンク

Gmailのカテゴリについてあれこれ

知人から、Gmailの使い方についての相談(というか愚痴?)を聞きまして(^^;)

最近転職したそうなのですが、その職場では、Gmailを使わなくてはならなくなったと。

企業として使うメールシステムで、フリーメールを採用するというのは、さすがにどうなの?と思うところもある反面、これからの時代はそうなっていくのかなぁ?などと思ったり。

(企業としてGoogleと契約しているというケースもあるでしょうからね。)

その知人に話をよくよく聞いてみたら、Gmail(Googleアカウント)を企業として使っているわけではなく、ちゃんとその企業のドメインのメールアドレスが付与されている模様。

要するに、メーラーとして、Gmailを使ってるということなんですね。

多分、Gmailではない別のメールクライアントでも使用可能なんだろうと思いますが、支給されたパソコンに最初からアカウントがGmailで設定されていて、みんなそれを使っているので、使わざるを得ない雰囲気?

そして、毎度おなじみ Gmail の謎にぶち当たる、と。

「 フォルダはどうやって作るの?どうやって移動するの?」という質問。

そして、いくら説明しても、「Gmailにはフォルダの概念がない」という事が、いまひとつ理解してもらえない・・・(^^;)

ただ、最近私もあまりPC上からGmail使っていなかったので、うろ覚えのところがありまして。

落ち着いて、再度確認してみました。

まだまだ、今までちゃんと理解していなかった部分がたくさんありますね。

新しい発見

(1)カテゴリは自分でつけたラベルと同じように変更できる。

(メールを選択してラベルをつける操作をすると、カテゴリもその他のラベルといっしょに表示されるので、チェックを外したり入れたりする事が可能)

(2)「受信トレイ」の上部にタブとして表示されている「カテゴリ」は、あくまで受信トレイに入っているメールのみ。つまり、アーカイブしてしまったメールは表示されない。

対して、左のペインから「カテゴリ」を選んだ場合は、アーカイブされたメールも含んだ全てのメールから抽出表示される。
☆受信トレイのタブは非表示にできる。
(右上の歯車アイコンから「受信トレイを設定」)

…やってみたけれど、やっぱり見にくくなってしまうので戻しました(^^;)
(3)「新着」の分類の基準が不明(笑)

「新着」は「既読」にしても「アーカイブ」にしても「新着」のまま。。。

新着を表示してみると、3ヶ月前くらい前のが新着になる?もしかしたら他にも条件があるかも知れませんが、検索しても不明。。。

「カテゴリ」というのは、ラベル編集で変更できるということは、ラベルの一種と考えたほうが良いでしょうか。

Google側で自動的に分類してラベルをつけてくれる、と言う事ですね。

Google側で勝手に分類されるのであって、分類の仕方はユーザー側で制御はできない、と。。。

メール選択からラベルの変更で「カテゴリ」のラベルも変更してしまえば、分類の仕方を学習してくれる、んじゃないかなぁと思いますが、未検証です。。。

Gmailの「カテゴリ」を非表示にするにはGmailでサブアドレスが無限に作れる方法Gmailのメール転送設定(フィルター)の作り方Gmailの迷惑メールフィルタを無効にするにはGmailのフィルタの順番を変える方法Gmailより便利?Gmail完全互換のGoogle純正メールクライアント「InBox」とは?(大量のメールを処理するのが得意?)【Gmailの技まとめ】Gmailは使いこなせば結構便利
コンピュータとインターネット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SKILLS OF LIFE 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました