正しい勘所の位置 ─ フレットガットの位置測定(2)

三線の初心者向け教則本には、勘所の位置を 64mm 122mm 150mm と書いてある。

これを、<TSULTRA FRET>にて計算してみると・・・

2FRETで64mmになる弦長(スケールレングス=唄口からウマまでの距離)は ⇒ 590mm
4FRETで122mmになるのは ⇒ 594.5mm
5FRETで150mmになるのは ⇒ 598mm

だった。(今回は補正値)

(弦の材質・太さ・セッティングによって補正値は変化するのであくまで参考値ということで)


前回、手持ちの三線の一本をチューメで測定した正確な位置は 64mm 124mm 150mm だった。

今回、別の三線を測定してみた

2フレット~12フレットまで順番に

63.5
93.5
122.5
148.5
173.5
197
219
239
260
280
299

前回測定したものが

64
95
124
150
176
200
222
245
265
284
301

随分と違うのが不思議

同じ弦、ウマの位置も同じ。

違うのは・・・唄口の高さの違い、いや、ウマの高さが思ったより違ったのかも知れない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする