お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

理想の掃除機はこれ!!(3) 超静音掃除機ならこれだ

いろんなものレビュー
ダイソンの弱点、次に気になる問題、それは

音量(騒音)

ダイソンは吸引仕事率が低いのに、その割には非常に音が大きい。


明確に数値で比較検証したわけではないが、自分が所有していた初期のモデルでは、おそらく、日本製の吸引仕事率が高い掃除機よりも、ダイソンのほうが騒音レベルは上だったと思う・・・

いや、ダイソンだけがことさら音が大きいということはないのかもしれない。

しかし、なにせ、その「吸引力の弱さ」の割に、「消費電力が大きい」「音が大きい」のが、感覚的にどうしても気になってしまうのだと思う。


掃除機は、通常、夜間はかけないものだと思う──騒音が近隣の迷惑になるので。住宅が密集している地域に住んでいれば、日中、ある程度大きな音を出しても大丈夫な時間帯でしか普通は使わない。

しかし、早朝出勤して帰宅は夜、という人も日本には多いわけで。
私もそう、仕方ないので、夜掃除したいときは、ホウキやクイックルワイパーなどを使っていた。

そうなってくるともはや掃除機自体要らないんじゃないかとも思えてくるが・・・やはり、掃除機はあると便利だ。ある程度ゴミを集めてくるまでは良いのだが、最後に、細かく舞散ってしまうゴミを取り除くのが大変で。最後にさっと掃除機で片付けられるだけでも楽だ。

もし、夜でもかけられるほど静かな掃除機があったら、これは日中働いている人にとってはとても有り難いはず!!

「夜でもかけられるほど静かな掃除機があったらありがたい」
ということで、以前、エレクトロラックスの「ウルトラサイレンサー」なる掃除機を買ったことがある。



紙パック式だが、その名の通り、音が小さいのが売り。
しかも排気が極めてクリーンで、妊婦や乳幼児が居ても安心!

しかし、これには大きな欠点があった・・・

それは、本体重量がトンデモなく重い(重量7.4kg)・・・orz

床において引きずっている分にはスムーズに動くし問題ないが、どうしても、持ち上げる、持ち運ぶシーンは出てくる。日本の狭小家屋ではなおさらではなかろう。

男性で腕力もまぁ強いほうと思う私でも、日常頻繁に使うのは、だんだん嫌気がさしてくるほど・・・

音を小さくするために本体パッケージを厳重にした分とのトレードオフなんだろうか・・・

しかも!!

音が小さいのが売りのはずが、フルパワーで使うとそんなに静かというわけでもない(^ー^;)

出力モード切り替えがあり、「通常は弱で十分です」という説明になっている。
「強」は一時的なブーストモード扱いで、通常は弱で使ってくださいということ。

なるほど、まぁそれも分からなくはないが・・・なんか騙された気も。。。

結局、重量が不評であまり使うことなく早々に手放してしまった。。。

(後継機種?のエルゴスリーは重量も一般的な掃除機並に軽くなっているようです)

さて、しかし。

ダイソンは何故音が大きいのか?

もしかして、音が大きいのはサイクロン式では避けられない欠点なのか?

と思いきや、後発のパナソニックが出してきたプチサイクロンというシリーズ、音も小さかった!
(これは今もメインで使っています。)

私が買ったのはMC-SR20Gというモデル

お、まだ在庫がある(でもちょと高いな・・・)


公表スペックでは吸引仕事率300W、騒音レベルは最大57dB

90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中
80dB:地下鉄の車内・電車の中
70dB:電話のベル
60dB:騒がしい事務所の中・普通の会話
50dB:普通の事務所
40dB:図書館の中


先端のノズルヘッドを外した状態ではややうるさく感じるも、パワーヘッドを取り付けた状態だとすごい静か!

壁の薄いアパートやマンションではちょっと厳しいかもしれないが、僅かでも空間をあけて離れている戸建ての家ならば、よほど静かな地域でなければ夜間でも使えるレベルだと思う。(感覚としては、少し大きめにテレビの音を出してしまったら、この掃除機の音よりはるかに大きい感じである。)

※残念がら、後継機種では運転音が大きくなってしまったようだ(ステンレスフィルターなる技術を導入したせい?)


静音ということではエレクトロラックスのエルゴスリーも評判が良い模様
起動時47dBは相当静か(ただしフルパワーモードでは57dB)
(57dB=上記の、昔のパナソニック・プチサイクロンと同レベル)


スペック上はこの機種もなかなか音が小さめで良いかも(MAX54dB)

(※この機種はフィルターの掃除が大変というレビューがちらほらあるようです。)


しかし・・・

値段が高い、音が大きい、吸い込む力が弱い、これではダイソン買う意味あるか・・・?

※吸引仕事率はヘッドと合わせてナンボだと行っても、どうしても、ヘッドを外して使う機会は多いですよね。そうなると、やっぱり吸込力の弱さが如実に実感できます。

でも、ダイソンにも良いところが一つあります。

吸込力・音量ともうひとつ、掃 除機の要素の最後のひとつとでもいいましょうか、それは・・・

(4)に続く



コメント

タイトルとURLをコピーしました