お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

悪い人間ほど甘い言葉を囁く

今回の選挙では、とある政治家(候補者)が、人気を集めているそうです。

つい2~3ヶ月前まではそうでもなかったのですが。

「魂の演説」「神演説」などと言って、演説の動画が拡散されているので、どれほど素晴らしいのかと思い、見てみました。

感想は

中身がない、薄っぺらい演説だなぁという感じでした。
エビデンスを示さず、具体案は言わず。

ただ、やたら扇情的というか、感情に訴えるような手法。

「既存の政治家はやる気がない!」
「私は本気です!」
「これ以上日本を破壊させてよいのですか!?」

ヒットラーに似ていると言った人がいましたが、分かる気がしました。
オバマ大統領にも似ているかも。
「YES ! WE CAN !」という具体案を伴わない言葉を連呼・・・

『偽善者は素晴らしい約束をする。約束を守る気がないからである。』(エドマンド・バーク)
社会経験がある程度ある人なら分かるはず。

悪い人間ほど甘い言葉を囁きます。

誠実な人ほど、実現できない理想論を騙れません。

実現する気がない人間は平気で理想を謳い上げる。
本気じゃない人間ほど「私は本気です!!」と連呼します。

例えば、こんな事を訴えている政治家が居たとします。

「今ある借金は全部チャラにします!」
「皆さんの給与は1.5倍にします!」
「今、無職の人、全員公務員にします!」
「税金は無くします!」
「国民全員に一律でお金を配布します!」
「働かなくても暮らせる社会にします!」

本当に実現できると思いますか?
そんな政治家を信じますか?!

主に芸術関係?の、ちょっと有名な方たち----テレビに出ない程度の、マイナーなジャンル、業界内では有名人、といった程度の方々ですが----が、やたらその人気の候補者をを絶賛しているのだそうですが。

なぜそうなるんだろう?と訊かれました。

私が思うに、そういう方々というのは、「感性」で生きてる方々だからなんじゃないですかね?
こう言うと失礼ですが、あまり "考える事" のほうは得意ではないという…(^^;)

そして、その候補者は、演説が上手い。情熱的に、淀みなく滔々と語る。(演説に内容があるかどうかはともかくとして。)

考えてみると、既存の政治家で(安倍首相も含めて)、演説が上手な人少ないですよね。噛まずに芝居がかったセリフを滔々と語る、というのはあまり得意ではない。

やはり、セリフを覚えて噛まずに語るのは、やはり、役者などの経験者のほうが上手ですよね。(海外でも、役者出身の政治家は多いですね。人々に訴えるのが上手いのだと思います。)

それに、選挙演説で、具体的な政策を細かく語っても、今の日本では、足を止めてくれる人は多くはないかも知れません。

それよりは、衝撃的な、芝居がかったセリフ、過激なセリフを叫んだほうが、釣られて足を止める人は多い、ということなのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました