お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

【PUP Scan】詐欺に引っかかった?!Σ(T。T) 詐欺と言うより投資失敗?【クラウドファンディングにご用心・・・】

先日書いたコレ申込んだのですが。。。

フランス発、世界最速ポケットサイズのスマートハンディスキャナー【PUP Scan】 by 7Next | MOTION GALLERY
フランスのスタートアップとして、アメリカのIndiegogoで最も支持されたスマートハンディスキャナーPUP Scanがついに日本初上陸!あなたのドキュメントを、ワンクリック...。クラウドファンディングのMotionGallery
12月に届く予定となっていたのに、出荷の遅れの連絡が来た・・・ 他の申込者の方々のコメントを見ると、どうも、クラウドファンディングを利用した詐欺にひっかかったっぽい?!?! 12月の出荷予定が、予定を大幅に上回る受注を受け、生産が追いつかないと言うようなメッセージ
ご覧いただき、ありがとうございます。

メッセージにもありましたように、今回は本当に多くの方々から応援をしていただきました。感謝をしてもしきれません。そして、実は当初の想定を大きく上回る形で先行予約をいただきました。その関係上、楽しみにしていただいている皆様には大変申し訳ないのですが、スケジュールの再調整をしなければなりません。具体的な出荷予定は2018年3月です。遅延が発生してしまったことを改めてお詫び申し上げます。

小さなスタートアップの大きな挑戦。ぜひ引き続き皆様には応援をしていただきたく、お願い申し上げます。そして、毎週、アップデートをいたしますので、本当のプロジェクトの完了まで、ぜひよろしくお願いいたします。

また何かご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

7Next 一同より
しかし、これは「MOTION GALLERY」と言うクラウドファンディングでの募集でしたが、その前に、別の「Indiegogo」というクラウドファンディングでも資金の募集がかけられていたそうで。

そちらは、今年(2017)の6月に出荷予定と謳っていたのが、こちらも出荷遅れで2018年1月出荷になると言う発表があったのだとか・・・(それは、いくらなんでも遅れ過ぎでは?!)

そして今回、「MOTION GALLERY」のほうでも12月出荷予定が翌年3月に延期・・・

もし、1月になって「Indiegogo」の出資者のほうに品物が届かず再延期、3月になってこちらも「再度延期のお知らせ」が来る、みたいな展開になったら・・・

品物自体が存在していない、商品の写真は全部模型とCGによるイメージ画像だった、と言う可能性を指摘する声もありますね。。。

確かに、クラウドファンディングというのは、これから開発する商品に対する投資/出資みたいな要素があるわけですが・・・

ある程度完成のメドが立っていて、資金募集をするのが普通だと思うのですが、中にはできることはできたけど、最初の予告を大幅に下回る低スペックの品物だった、と言う事もあるとか。

それならまだ良い方で、結局、開発に失敗し製品ができませんでした、で逃亡、と言うケースもありうる、とか・・・・(ー_ー;)

まだ、「これから開発します」と謳っての資金募集ならリスクも覚悟の上となりますが、この製品は、あたかも、「既に完成していて、順次製造完了したら発送します」というような印象で募集をかけていますから、もし品物の完成品が存在していないとしたら、詐欺的ですね。

まだ試作品でもあるなら良し、実は試作品すら存在せず、「これから開発します」という業態だった可能性も?

それならそれで、出荷日を設定しての資金募集は完全に詐欺ということになると思います。

「当初から2017年12月の発送」と謳った状態での募集なわけですから、これが守れないというのはやはり詐欺か?と言われても仕方がありませんね。

「予想を上回る応援」というが、そもそも数量限定での募集だったはずなのに、追いつかないというのもおかしな話。

上限数を設定し忘れてとんでもない数の発注が来てしまった、と言う説もありますが。。。

出荷はできないけれど、クレジットによる引き落としは先に実行されているという状況なのです。

そもそも品物自体が実は完成しておらず、資金だけ集めて開発を継続、なんとか間に合わせるべく頑張っていたが、思うように開発が進まず・・・

と言うパターンだと、最終的には資金がショートして完成を見ず頓挫、倒産で逃亡行方不明、と言う可能性も????

クラウドファンディングって、プロジェクトが失敗した場合って、どうなるの?

出資した企業が倒産して、出資金が改修できず、泣き寝入りという事になるのですかね・・・(*_*;)

実は過去に二度ほどクラウドファンディングで品物を発注したことがあって、それはどちらもキチンと届きましたので、ちょっと油断していました。

とは言え、やはり募集の仕方が詐欺的ですね。

もちろん、本当に、単に製造が追いつかないだけ、ちゃんと出荷される可能性もまだゼロではありませんが。。。

既に集団訴訟を呼びかけている方もいらっしゃる模様

もし詐欺だったら、ちょっと私にとってはちょっとお高い勉強代に・・・(T~T)

今のところ、クラウドファンディングで大規模詐欺というのは聞いたことがないのですが、私が知らないだけかも知れませんが(※)

やはり海外の企業、ましてやクラウドファンディングは、最悪、お金を捨てる可能性があることを覚悟して、惜しくない金額のモノだけにすべきかもしれませんね。

※結構失敗例はあるようです。。。

21,500円の3Dプリンタ、プロジェクトが事実上頓挫して返金はなし
2015年、KickstarterにTikoという3Dプリンターが掲載されていました。価格が21,500円と当時としてはとても安価であったことがよかったのか、約3億3000万円集まっていました。このTikoのプロジェクトが頓挫しました。支援していた人が、期待したとおりのクオリティでTikoを受け取る見込みは、現状ほとんどありません。また返金もありません。送料だけでも返金すべきと言う意見もKickstarterの支援者からは出…


Kickstarter史上2番目に多くの資金を集めたクーラーボックスが頓挫
Coolest CoolerというKickstarterのプロジェクトがあります。スマートウォッチPebble Timeの次に多くの資金を集めたプロジェクトです。いろいろと機能のついたクーラーボックスですが、大きな金額を集めたため公式ブログでも取り上げられていました


クラウドファンディングにはリスクがある、これをしっかり認識しておかないといけませんね。

過去の失敗事例から見ると、画期的なテクノロジーを活用したプロジェクトは、その他のプロジェクトと比べて失敗のリスクが増える可能性が大きいようです。

そう言えば、私が過去に品物を受け取ることができたプロジェクトは、最先端電子機器ではなく、割と古い技術でできそうなものでした・・・(傘とか)

再延期キタ――(゚∀゚)――!!

ま、予想はしてましたけど。

一応、開発製造は進んでいるようなので、詐欺ではない、かな?

コメント

  1. shippo より:

    初めまして。
    今見たら,twitter( https://twitter.com/pupscan )は動いている様ですが,日本語のサイト( https://www.pupscan.com/ja/ )は動いていない様です。
    INDIEGOGOのサイト( https://www.indiegogo.com/projects/pup-scan-the-world-s-fastest-pocket-scanner#/ )はあるようですが。

  2. 高原の住人 より:

    2018年8月、現物到着しましたw 
    私はIndiegogoでのクラウドファンディングに参加でした。

    今までもいくつかのプロジェクトに参加してきました。
    もちろんクラウドファンディングなので「お金は払ったけど
    物が届かないまま」「ネット上の該当開発者のページは更新止まったまま」
    なんてのもありますけどね。

    今回は遅ればせながら、現物到着です。
    後はうまくスキャン出来て、便利に使えればいいなっていうところです。
    一応ご報告です。

    • pandametal より:

      おお!!ついに届きましたか!!
      一番最初のIndiegogoの分が出荷されたということですね。
      8/3のアップデートを見ると、120個が出荷準備中となっていますので、まだまだ後から頼んだ人は、先が長そうですが
      とりあえず、詐欺ではなかったということで、良かったです。
      わざわざお知らせありがとうございました!m(__)m

  3. みのる より:

    モーションギャラリーの方で支援しましたが一向に進んでいる様子もなく、もういいやと諦めています。レーザー髭剃りの時も支援しそうになりましたがなんか留まったんです。これは物自体が無かったという。こういうサイトもなんらかの保証はするべきですよね〜

    • pandametal より:

      私も諦めました・・・
      貧乏人には高い授業料でした(TーT)

タイトルとURLをコピーしました