お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

今日の英会話 「SOVEREIGNTY」 「PRESENCE」

科学・技術・文化・教育
今日は SOVEREIGNTY と PRESENCE を覚えた!


SOVEREIGNTY は「主権」という意味ですが、どうも、発音が腑に落ちないw

カタカナで書くとサバランティ、でも例によってこれだと日本語英語なので、よりネイティブな発音に近く書くと、サバーンティ または サーバーンティ(サにアクセント)

EIGN で「アーン」と発音するのかな?


PRESENCE (プレゼンス)というと、ギターアンプの超高音域のコントロールというイメージが私は強いのですが、「存在」という意味なのですね、知りませんでした。

そういえば、フェンダーストラトキャスターに「ストラト・プレゼンス・コントロール」というサーキットが組み込まれているモデルがありましたが、あれはミッドレンジをコントロールするものでした。プレゼンスなのに中音域?と不思議だったのですが、存在感をコントロールすると言う意味で名付けられたのですね!

ギターアンプのプレゼンスの場合は音の「輪郭」を強調すると言うような意味で使われるようですね。

なるほど。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました