お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓

"呪い"

(霊魂学的)雑記・雑談

幽体と念(呪い)(3)

呪いのような強力な攻撃を受けて、肉体にも影響が出始めるほど幽体が深く傷ついてしまうと、ある日病気になって倒れ、病院で検査を受けても原因が分からない、などということもあります。 感の良い人なら、霊的な何がしかの不具合を起こすような影響を...
(霊魂学的)雑記・雑談

幽体と念(呪い)(2)

宗教的、あるいは神秘的な活動をしているような人の場合、背後に邪悪な霊魂を引き連れているという事があるようです。 そのような人が攻撃的な念を発すると、標的になった人は大変な事になります。 呪いと言ってもいいような、背後の霊魂が増幅...
(霊魂学的)雑記・雑談

幽体と念(呪い)

人は、ちょっとムッとした瞬間にも、念を発しているものです。しかし、生身の人間が出す念の強さというのは、多少激しく怒ったりしても、通常はそれほど大きくはないようです。しかし時折、ありえないような強烈なダメージを幽体に受けてしまう事があります。...
(霊魂学的)雑記・雑談

呪いを受けた結果(5)

結局、理不尽な呪いもあるのが人間の社会、それはいた仕方なし。 ですが、そんなものに負けないよう、日頃から霊的な身体を鉄のように鍛え上げておくことが大事、としか言えないですね・・・。 現代は、殺し合いが日常という時代とは違って平和...
(霊魂学的)雑記・雑談

呪いを受けた結果(4)

宗教的な霊魂の中には呪いを受け持つような専門的な霊魂というのが存在するそうです。 そのような霊魂が仲介すると、重篤なの呪いの事案が起こりうる事なのだとか。 おそらく相手も「殺してやりたい」というほど強い念をだしたわけではなく、ふ...
(霊魂学的)雑記・雑談

呪いを受けた結果(3)

前回までのあらすじ(笑):心臓発作になり、医者も首をかしげる状態。医者が分からないならばと霊的な診断を受けたところ、結果は大変強い呪いを受けた結果とのこと。呪いの無効化の霊術を行ってもらったところ、医者が匙を投げた心臓発作は、あっさり収まる...
(霊魂学的)雑記・雑談

呪いを受けた結果(2)

しかし後日また発症してしまい。。。 前の病院が信用できなかったので、今度は大学病院へ。 しかし結局、前回と同じで、医者が自信満々に薬を投入するも、収まらず。。。 医者も首をひねるばかりで、結局、薬飲んでればそのうち治まるだ...
(霊魂学的)雑記・雑談

呪いを受けた結果(1)

じつは以前、恐ろしい呪いを受けた事がありました。 その結果・・・   ・   ・   ・ 死にかけました(*_*; いや、死にませんでしたけど(笑) 軽く考えていたことが、思っていたより結構危ない状...
霊魂学(古神道)

[霊術] 呪い返し

強い呪いを受けた時に、それを無効化する霊術があります。霊的環境が非常に悪くなっている現代では、これこそは、特に必要とされる技術かもしれません。しかし、呪いを無効化すると言っても、その作業は、実際にはとても難しい事のようです。現実の世界でも、...
霊魂学(古神道)

[霊術] 呪い─槍のごとし強力な念

生きている人間が出す念というのは、どんなに強くても、じつはそれほど極端に酷く幽体を傷つける事はないようです。しかし、その念を増幅し、運んでくる霊魂が介在した場合、針のような小さな念が、槍のような強い念の攻撃となって、通常ではありえないほど幽...
霊魂学(古神道)

[霊術] 呪いの影響

念を受け幽体が深く傷つけば、やがて肉体にまで影響が出て、病気になったります。例えば、よくあるのは、目に強い念を浴びた時、網膜剥離や白内障など、目の病気になったりするかもしれません。心臓が深く傷つけば、不整脈など心臓の病気になり、最悪の場合は...
霊魂学(古神道)

[霊術] 呪いの正体

生きていく上で、人は時に、どうしても憎しみや嫉妬などの攻撃的な念を浴びる事があります。生きている人間同士の話です。人は、怒りを表現するほどの事でもないけれど、ちょっと腹が立つという事もありますが、実は人は、ムッっとしたその瞬間、相手に小さな...
タイトルとURLをコピーしました