お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

「アウェイク」ヘイデン・クリステンセン&ジェシカ・アルバの美男美女ホラーサスペンス?

エンターテイメント・アート
「アウェイク」
2007 アメリカ
監督:ジョビー・ハロルド

スターウォーズのアナキン・スカイウォーカー役、ヘイデン・クリステンセンが主役の、サスペンス?ホラー?ヒロインにはジェシカ・アルバという美男美女主演映画。

あらすじ

父から会社と遺産を引き継いだ青年実業家クレイトン。しかし彼は心臓が悪く、移植が必要だった。しかし彼は特殊な血液型だったため、なかなかドナーが見つからないのだった。

クレイトンは秘書のサム(ジェシカ・アルバ)と密かに付き合っていたが、母に打ち明け、母と親友の心臓外科医ジャック立ち合いのもと、結婚式を行った。

その直後、ドナーが見つかり移植手術を受けることになる。
しかし、手術中、麻酔が効いて体は動かないまま、意識だけが覚醒してしまう状態になったクレイトン。
そこで、手術を引き受けてくれた友人ジャックと手術室に忍び込んでいたサムの恐るべき会話を聞いてしまう。

ジャックは移植する心臓にサムから渡された薬を注射し、その心臓を移植した。

サムはクレイトンの遺産目当て、またジャックも医療ミスで訴訟を多く抱えており金が必要だったのだ。

薬を打たれた心臓は移植されるも機能せず、再び摘出され、クレイトンは心臓がない状態で人工心肺で生きながらえている状態になる。

クレイトンの母リリスに人工心肺を止めてよいか訊くサム。
しかしリリスは少し考えさせてくれと言い、薬を飲んで自殺する。

実はリリスは、いくつかの怪しい点を発見してサムを疑っており、心臓外科医の名医ジョナサンと警察に連絡済みだった。リリスはジョナサンに自分が死んだら心臓を息子クレイトンに移植してくれと頼んであったのだった。

駆け付けたジョナサンにより、リリスの心臓がクレイトンに移植される。
手術は成功するも、移植した心臓は再び停止してしまうが、死後の世界?で母に戻るよう説得される。

駆け付けた警察により、ジャックは逮捕され、ジャックに罪を着せて逃げようとしたサムも、ジャックが保身のため注射器(サムの指紋がついている)を証拠に残していたため逮捕される。

再びクレイトンの心臓が動き出し、クレイトンが目を開く・・・(END)

アウェイクとは術中覚醒のこと。全身麻酔のため、身体は金縛りのようにまったく動かないが、意識ははっきりしていて、周りの医者や看護師たちの声が聞こえる状態。

もし、自分の手術中にそんな状態に陥って、しかも医師たちが自分を殺す相談をしているのを聞いてしまったら・・・というシチュエーションによるホラー・サスペンスとでもいうべきストーリーでしょうか。

アウェイクというのはホラーストーリーのために生み出されたフィクションかと思いきや、全身麻酔の手術を受けた患者のうち、0.15%がこのような経験を実際にするのだそうで。日本での全身麻酔の手術は年間230万件だそうですので(2009年)、毎年3500人くらいが経験している計算に。。。

ただ、このストーリー、別にアウェイクがなくても成立してしまう気も(^^;)

まぁ、術後復活した後、事の真相を患者が知っているか、医師と刑事に聞かされるかの違いだけですね。

あとは本人が術中に恐怖を体験するかどうか、というだけの話で、その体験自体が事件にまったく影響を与えないので・・・・

ストーリー的には、悪くはないが、際立つ面白さがあるというほどでもなし。。。

ヘイデンは相変わらずのハンサムで、ジェシカ・アルバは相変わらずの抜群のプロポーション。二人のラブシーンを見たい人には良い作品かも(^^;)

コメント

タイトルとURLをコピーしました