お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

ザ・ドア 交差する世界 あらすじ(ネタバレ注意)

「ザ・ドア 交差する世界」
(原題 Die Tür)
2009年 ドイツ SFサスペンス映画
監督 アノ・サオル
出演 マッツ・ミケルセン、 ジェシカ・シュヴァルツ

浮気中に娘を放置して死なせてしまったダヴィッド
しかし、偶然見つけたドアを抜けると、そこは五年前の世界だった
ダヴィッドは娘の命を救い、その世界の自分を殺して入れ替わり暮らし始めるが・・・

SF要素としてはタイムスリップの部分だけ(タイムスリップというようり少し時間軸の遅れたパラレルワードですが)
パラレルワールドが存在することによるサスペンス

タイムスリップがわずか五年前というプチスリップなのは新しいアイデアかも。

↓↓↓ストーリーは下へ(ネタバレ注意)↓↓↓
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ストーリー(ネタバレ注意)

画家のダヴィッドは、妻の外出中に娘を1人にして外出・浮気していた。
その間に娘は庭のプールに落下、靴紐が排気口の網に引っかかり溺死してしまう。
妻とも険悪になり彷徨う傷心のダヴィッドは不思議なトンネルを見つける。
抜けた先は5年前、娘が溺死するその日だった。

プールに落ちた娘を救出するダヴィッド。
そこに5年前のダヴィッドが浮気から帰ってきて、家の中にいる不審者(五年後のダヴィッド)に襲いかかる。
とっさに持っていた鉛筆を突き刺して5年前のダヴィッドを殺してしまう。
庭に5年前のダヴィッドを埋め、そのまま入れ替わって暮らし始める。
関係を精算するために浮気相手の家に行ったところを親友のマックスに見られてしまい、問い詰められたダヴィッドは自分が5年後の世界から来たことを話してしまうが信じてもらえない。

やがて険悪だった妻との関係も修復し、前のダヴィッドを殺したシーンを見られていた娘も納得させる事ができ、平穏に暮らすようになっていたダヴィッド。

しかし、誕生パーティで娘の描いた絵を見たマックスが、ダヴィッドの言ってたことが本当だと気づいてしまい、庭を掘り起こして5年前のダヴィッドの遺体を見つけてしまう。
真実を妻に話すと言うマックスと揉み合いになるが、隣人のシギーがマックスを殺してしまう。シギーの助言でマックスを森の中に埋めるダヴィッド。
混乱したダヴィッドは、妻と娘を連れてトンネルを抜けて元の世界に戻ろうとするが、妻と娘は引き返してしまう。慌てて戻ったダヴィッドの前にシギーが現れ「逃げたら必ず探し出して撃ち殺す、こちら側がお前の世界だ」と銃を突きつけて脅す。
シギーもトンネルを通って来た人間であり、ほかにもそういう人間はたくさん居るという事実を告げられる。

再び平穏な生活が始まるが、隣人夫婦によく似た二人が通りで言い争っているのを妻マヤが見かける。
不審に思って後をつけ隣人の家を覗いたマヤは、隣人夫婦がよく似た二人に殺される瞬間を目撃してしまう。
隣家の子供を連れ自分の家に逃げ帰り、警察に連絡するマヤ。しかしそこに、隣人夫婦が子供を攫われたと警察を同伴して現れる・・・。
そこに、5年後の世界から来た元妻マヤから話がしたいと電話が掛かってくる。外を見ると、隣のシギーの家の窓辺に立つ五年前のマヤ・・・
この世界のマヤを殺して入れ替わるしかないと言うシギー。隣家の夫婦も、その他大勢の人間が、そうやってこの世界の人間を殺して入れ替わっていると。
殺すのは自分でやるとシギーから銃を受け取るダヴィッド。
家に帰ると、娘の話からダヴィッドが入れ替わっていると確信したマヤに襲われるダヴィッド。
しかしダヴィッドは、このままでは君は殺される、娘と三人でトンネルを通って逃げようとマヤを説得する。
ダヴィッドが囮になり、銃を向けて追ってくる町の住人や警官たち(全員入れ替わった人間たち)をひきつける。途中五年後のマヤと遭遇してしまう。娘を出し決める五年後のマヤ。しかし、必死の表情の五年前のマヤを見て、娘を返し逃してやる。
マヤと娘はトンネルを抜けたのを見届けたダヴィッドは、車に飛びついたシギーごとトンネルに激突し、トンネルを崩して塞いでしまう。

娘が溺れたプールの傍らに座り込んでいる5年後のマヤ。そこにダヴィッドが戻ってきて、手を握る。
エンターテイメント・アート
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
調整中…
スポンサーリンク
SKILLS OF LIFE 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました