お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

浅田真央より良かった??

スポーツ・武道
今回のオリンピック、フィギュアスケート女子

スポーツ競技の結果についてとやかく言うつもりはなかったのだけれど。。。

あまりにも、キムヨナが浅田真央より優れていたなんて論評する人間が多くて・・・

どうかしている。

これまでろくスケートなんか見たことがなかったような人間が、ニワカに評論家になっている。

知り合いの爺さまたちなども「キムヨナのほうがスピード感があって力強いよな!」「浅田真央は子供っぽい、キムヨナは大人だよな」なんてのたまっている始末。

ろくにスケートも見た事がないであろうオジサマ達が、キムヨナをもてはやすのを聞いてあきれるばかり。(たしかに、難度の低い技を力強くスピード感あるように見せる技術を競うなら、キムヨナは世界一かも?)

トリプルアクセルと他のジャンプがどのように違うのかすらろくに知りもしないで論評している人間も多い。

まったく見る目がない人間が、マスコミの情報操作にだまされているだけ、と言っても言い過ぎではないだろう。
ここまで日本人は本物を見抜く目がないのかと頭を抱えてしまう。

長くスケートを見てきた人ならわかるはず。今回の採点は明らかに異常。

細かく採点を分析していけば異常さはさらにはっきりする。

同時に開催されていたほかの競技とくらべてみれば分かる。
スノーボードハーフパイプではショーン・ホワイト選手が高度な大技「ダブルコーク」そして「ダブルマックツイスト」(世界で誰もできない大技)を決めて優勝したが、それが健全な姿だろう。

それが、高度な技も決めていない選手が「着地が美しかったから」「すべりが美しかったから」「スピードや表現力があったから」といって、ショーンを差し置いて高得点をとったら、ブーイングが起きるだろう。

スピードスケートで、誰よりも速いタイムで滑った選手より、「滑りが美しかった」とか(実際は大差ない)、「スピード"感"」があった、などと言う理由でタイムの遅かった選手に上位に行かれたら、もはや異常としか言えないだろう。

芸術性や表現力も、採点の要素としてあってもよいが、勝敗に大きな影響を与えるほど比重を置いてはおかしい。

僅差の選手同士が、最後に表現力の評価のわずかな差で勝敗を分けたというのなら分かる。
が、今回はそうではない、やりすぎ。誰も追いつけないような圧倒的な点数がつけられている。

そしてその内訳は、選手がみな異なる曲と異なる構成で演技しているのに、一人だけ表現力で満点が出ていたり、男子の金メダリスト選手まで含めても誰も貰っていない異常な加点をもらったりしている。(4回転+3回転のコンビネーションを跳んだ男子選手より、女子選手の3回転+3回転の技のほうが高い得点をもらうような事態が起きている。)

そんな異常な状態をろくに知りもせず、キムヨナが優れていたなどと言うのは、もはや競技ではないし、あまりに見る目がないというものだろう。

とある番組で、採点している審判を後ろから盗撮した映像が公開されていた。
ある審判は、ほとんど考える事もなく瞬時に加点したり減点したりしている。さすがにオリンピックの審判ともなると判断が早い!

・・・本当に?

問題のシーン、よく見ると、浅田真央のときはジャンプが終わると即座に減点ボタンが押され、キムヨナの演技のときは、ひとつひとつの技がこなされれるたびに、すごいスピーとでドンドン加点ボタンが押されて行く。

終了後にその審判に浅田とキムのどこが具体的に違っていたのかインタビューしても、答えにつまり、とにかく浅田はジャンプがよくなかったと言って逃げて行った。

(※以前も、柔道の技をろくに知らない審判が間違ったジャッジをして、日本人の選手が負けてしまったケースがあったが、スケートの審査員も、筆記試験だけで実技の経験がなくてもなれるのだそうだ・・・。)

浅田の作戦ミスを指摘する者も多いが、それも違うと思う。

仮に、浅田真央がキムヨナとまったく同じプログラム構成で完璧に滑ったとしても、今回よりもっと大差をつけられて勝てなかったはずだ。事実、キムヨナの異常な加点がついているコンビネーションジャンプを、キムよりうまく跳んだ選手が何人か居た。しかし、ほとんど高い点はもらえていない。(安藤美姫だって長洲未来だってイレーネ・ゲデバニシビリだって、もっと高い評価を貰ってよかったはずだ。)

結局、どんな技を持ってこようと、どんな演技をしようとも、浅田は勝たせてもらえない状況の中に居た。ならば、己の最大の武器であり、信念でもある、もっとも難しい技トリプルアクセルを完璧に跳んで勝負に出るしかなかったのだ。

誰よりも難しいジャンプを跳び、ジャンプ以外の技術も高度な技を完璧に決めて見せ、誰がみても明らかなほどにはっきりと差をつけ、点数がおかしいと証明するしかなかったのだ。

しかし、その証明は、半分で終わってしまい、甘んじて二位のメダルを受けるに至った。結果は残念ではあったし、言い訳もしなかったが、自分との勝負に負けたのであって、キムヨナに負けたわけではない。

あまりに、自分に課したハードルが高すぎた。しかし、無謀だと分かっていても、他に道はなかった。挑戦して、自分に打ち勝つしかなかった。他に選択肢はなかった。

大技ばかりではない、細かい技でもつなぎの部分までも随所に難度の高い技を入れてきている。ジャンプの前の助走が半分にまでなってしまっているほど・・・。

しかし、残りの課題、ノーミスで演技を終えるという課題は、氷の出っ張りに躓くというアクシデントにも見舞われ、クリアできずに終わった。。。

しかし、ひとつの課題であるトリプルアクセルは完全にクリアーした。史上初の快挙だ。あまりに簡単にきれいに飛びすぎた結果、大した事ない技のような印象になって見過ごされていないか?

音楽や芸術ならばよい。どちらが好きかは見るものの勝手で良い。音楽やバレエなら、好きなものを聴き、見ればよい。スポーツの祭典ではなく、芸術祭かなにかで競技を行ったほうが良いかも知れない。

仮にそうであっても、浅田真央の美しさ・芸術性がキムヨナに劣っているとはまったく思わないが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました