カテゴリー
キーワード

面接触ソケット、実物比較

>前の面接触ソケットの記事では、なんとなく見た感じのイメージでデフォルメされた画像でしたが、実物を入手したので撮影してみました。

SIGNET
sig_g.jpg

FPCパラボラ
para_g.jpg

Ko-kenのサーフェイスドライブ
koken_g.jpg

謎のブランドサーフェイスドライブ
nobland.jpg

並べてみた
donguri.jpg


ナットを入れてみた。見難いので画像をなぞってイラスト化したものを右に並記します。

Ko-kenのサーフェイスドライブ
koken.jpgkoken_j.png

FPCのパラボラ
parabora_j.jpgparabora_s.png

SIGNETのカドを欠いたタイプ
signet.jpgsignet_s.png


★面接触メガネレンチ

ちなみにメガネレンチですが、何故かほとんど12角で、6角のタイプは見当たりません。

通常の12角タイプ
12_s.png

当然、面接触タイプと言うものも存在するのだろうと思ったら、やはり上質なメーカーモノはみなそうなっているようですね。

面接触っぽくRで描いてみた
12men_s.png
手持ちのKTC製を見てみるとこんな感じの曲面構成になっていますね。

サーフェイスドライブで回したボルトについた跡を見てみると、思ったより内側の位置にプレッシャーがかかっているようでした。 比較して12角メガネでは、如何に面接触と言えど、やはりカドの頂点に近い位置にプレッシャーがかかっているように思えます。

※KTCの12角面接触メガネレンチに実際にボルトに嵌めてみると、ソケットより遊びが少ないようです。メガネレンチも精度の良いものならそれほど悪くはないのかも知れませんね。(^_^;)


ただ、実際にメガネとソケットを使い比べてみると、ソケットのほうがやはり使い勝手がいいと私は感じます。
メガネレンチが12角なのはやはり、振り角がとれないような狭い場所で使うため、だと思うのですが、 遊びの少なさからかメガネレンチをボルトに差し替えながら回すのって結構大変に感じます。
T字ハンドルは思ったより使い勝手が悪いですが、 スピンナーハンドルとソケットの組み合わせのほうが使い勝手はいいと感じました(^^)b
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする