アッテネーターの自作

市販のアッテネーターと言われる製品の持っている機能は、下記5つに分類できると思う

(1)ダミーロード

(2)アッテネーター

(3)エキストラクター

(4)マイクシミュレーター

(5)ダイレクトボックス

以前の記事で書いたとおり、市販のアッテネーターは、こららの機能の一部だけ持っているものも、全て持っているものもある。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
これまで、ダミーロードとエキストラクターを自作してみた。

 ⇒ダミーロードの製作

 ⇒エキストラクターの製作

■ダミーロードの回路図



これは簡単ですね、スピーカーのインピーダンスと同じ抵抗値の抵抗を取り付けただけ

(加熱するので抵抗の耐電力は高容量のものを使う必要あり)

■エキストラクターの回路図(1)



※上記はネットで検索して見つけた海外のアッテネータ回路の中にあったラインアウト取出部分の配線図です。

単純に2kΩ:200Ωの分圧回路になっていて、この組み合わせだと約-23dBの減衰量になると思われます。固定抵抗なのでラインアウトレベルは固定になりますね。

■エキストラクターの回路図(2)

lineout_wd02.gif

上記固定抵抗の部分を可変抵抗(5k~10kΩ程度)に変えたもの。



おさらいここまで

ダミーロード、エキストラクターと来たので、次は、アッテネーターの自作に挑戦

ですが、おさらいだけで長くなってしまったので、次の記事に分けます・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事をシェアする