お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

一ヶ月に痩せる限度は何kg?

医療・ヘルス・ダイエット
妻が「二週間で7kg痩せた!!」とかいう宣伝文句のお茶を買おうか悩んでいます(笑)

やめときなはれと言っているのですが・・・

いくら検索しても、悪評が出てこないと言うのです。

試しに自分でも検索してみましたが、なんかすごい・・・Google先生の検索結果が、何ページ進んでも、宣伝用の提灯記事しか出てこない・・・

しかも、どの記事も「悪評多数ですが本当なのか検証してみました!!」みたいな文句がきれいに並んでいます。

これって、Googleに金を払って検索結果を調整してもらってるとかなんですかね?

AMAZONのレビューでは、星1つで「効果なかった」「痩せなかった」と書いている人が少数見られましたが。

「よくある難消化性デキストリン配合商品」と書いている人も。

ああ、なるほど、それだけでどんな商品なのか理解はできますね(笑)

確かに商品の説明にも難消化性デキストリンを配合しているので食後の血糖値を下げると書いてありますね。

効果は、それなりにあるのは理解できます。それはつまり、医者がよく「サラダを先に食べると唐の吸収が緩やかになる」というアレですね。

だったら、サラダを食べればいい。野菜ジュースやスムージーでも個人的にはいいんじゃないかと思いますけどね。

または、以前私も飲んでいましたが、難消化性デキストリンそのものを飲んでしまえばOK。

これ、原理としては簡単な事で、例えば100の糖分を口から入れたとして、それがそのまま腸に到達すると、そのまま100の糖分が吸収される。当然、それに比例して血糖値も上がるわけです。

もしそれを、同じ100の糖分であっても、消化吸収できない素材で200に薄めて食べるとどうなるか?腸管に入ってくる食物は量が二倍になっていますが濃度は半分になっているので、吸収さあれる糖分が半分になるわけですね。

最終的には同じ量の糖分を吸収することになるわけでも、吸収する時間が長くかかる。その分、血糖値の上昇は緩やかになるわけです。

血糖値が急上昇する、いわゆる「血糖値スパイク」が糖尿病の原因になるという事が知られているのだそうで、血糖値の上昇を、長い時間かけて緩慢にすることで、糖尿病を防げるというわけですね。

これは、実はタンパク質でも良いのだそうで。タンパク質は、吸収してから分解して糖分になるまでに時間がかかるので、糖分を直接摂取するよりも血糖値は上昇しにくいのだとか。つまり、魚や肉などのタンパク質を食べるのでも、サラダから先に食べるのと効果は変わらないそうです。

余談ですが「食物繊維」って何?と思って検索したのですが・・・

なんか、名前からして繊維状の構造をもった物質なのかな?と思ったのですが、なんと、定義上は「消化吸収できないもの」はすべて食物繊維と呼ばれているらしい・・・

極端な事を言えば、プラスチックの粉だって、食物繊維ってことになるわけですね・・・(プラスチックは消化吸収されないと思います、多分・・・)

栄養にならず、排泄されるだけの材料を食品とまぜて摂取することで、食品の栄養素(主に糖分)を薄める効果がある、ということなんですね・・・

なので、食物繊維を摂る以外に、少量ずつ小分けに長時間かけて食べる、という方法でも、血糖値スパイクは防げるとのこと。短時間に一気に血糖値が上がるような食べ方はしないほうがいいんですね。。。

さて、問題の痩せるお茶ですが・・・「二週間で7kg痩せた」これ、まずいですよね。健康を害するレベルだと思います。一ヶ月で14kg。嘘とは言いませんが、健康には悪そうな痩せ方です。そして、そんな痩せ方をするとリバウンドしますね、確実に。

リバウンドせず、また皮が余らないように、健康的に負担なく痩せられる限界は、一ヶ月で体重の3~5%だとか。

体重50kgの人なら2.5kgまで。

体重70kgの人なら3.5kgまでですね。

※個人的には、5%でも多すぎると思っています。3%でもかなり多いのではないかと。(2%以下くらいのほうがいいんじゃないですかね?拠はないですが。)
それを、何ヶ月も長期間かけて痩せる。それが、健康的に、リバウンドなく、皮膚も余らせないように痩せる無難なラインでしょう。 二週間で7kg、一ヶ月14kg痩せました!なんて商品は、絶対やめたほうがいいです。もしそれが本当なら、体に悪いと思います(笑)

昔、医者が言っていました。

「食べたり飲んだりして痩せる食費や薬は存在しない。」

そりゃそうですよね(笑)

食事を減らし、運動すること。これしかないそうです。

あと、基礎代謝をあげること。歳をとると痩せにくくなるのは代謝が落ちるからですね。

代謝をあげる一番簡単な方法は、筋肉を増やすこと。

エアロビクスでは筋肉は増えません。筋肉を増やすには、短時間で高負荷をかけることが大切です。筋肉が増えれば、代謝が上がるのでカロリー消費量が多くなるので、ジョギングやエアロビクスをしなくても、何もしなくても消費カロリーが増えるので痩せていくのですね。

筋肉を増やす習慣、これを身につけるには、ちょっとした休み時間に、ほんの数回でいいから筋トレを行う癖をつける。コレがおすすめです。

仕事中、一時間おきに、気分転換にスクワット10回だけやるとか。

腕立て伏せを5~10回、休憩のたびにやるとか。

それが癖になればよいわけですね。

その程度の回数で効果はない?

いえいえ、一回につき筋トレ5回であっても、それが一日のうちに10回あれば、合計50回です。

一回につき10回やれば、10回小休憩があればごうけい100回になるわけです。

まずは、そういう習慣をつけること、それが大切です。

習慣がついたら、より効果の高い筋トレ方法を模索する段階に入るわけですが、その前に、コツコツ続ける習慣をつけること。何事も、それが大切です。

いっそ、職場で一時間おきに体を動かすように強制してくれたら、みんな健康になりそうな気がしますが・・・(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました