お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

マスクのゴムの長さを調整する簡単な方法

DIY・工具・車・バイク
これを発注したのですが・・・

ウレタンマスクは匂いを気にしなければ洗って再利用できるし結構良い感じ。

黒のを使っていたのですが、少し違う色のが欲しくて。

色の違うのを買ったのですが

⇒ https://amzn.to/3hnkpOf

しかし残念!

届いたモノは、ちょっとだけ、サイズが小さめでした。。。

(近所の作業着屋で買った黒いのはちょうど良かったんですけどね・・・)

使用できない事はないのですが・・・長時間使ってたら耳が痛くなりそう。

しかし、買ってしまったものはもったいないので、なんとか使いたい。

耳の部分を長くすればいいわけで・・・

切って継ぎ足す?

こうしてみました。



前にどんな布でもマスクにできちゃうクリップを使って、マウスの耳穴部分を折り返して挟んでしまいました。

【布があればマスクにできちゃう】ゴム紐+クリップ自作

ただ、このやり方だと、ゴム紐の長さが左右で違ってしまうのが、気になっていたのですよね。。。

だいたい同じように結べば、だいたい同じくらいになるのですが、やはりちょっとうまく行かないときはうまく行かないという(笑)

で、ゴム紐の長さを自由に調節できるようにならないかと思い、ふと思い出したのは、先日買ったマウスガード。

⇒ 【マスク】【熱中症予防に】マウスガードが意外と良かった件

これ、装着されているゴム紐が四本独立していて、小さな輪ゴムで二本づつ留めてあるのです。この小さなゴムの位置を調節することで、長さが調節できるわけですね。

これと同じやり方を採用!



二本のゴム紐を留める極小の輪ゴムをどうしようかと思ったのですが、同じゴム紐を輪の大きさが調整できる結び方で輪っかにして縮めてしまえばOKですね。


さらに、ウレタンスポンジのマスク自体が非常に軽いので、クリップの重さが気になるようになってしまう・・・

ハンカチなどをマスクにする場合はクリップの重さも気にならなかったのですけどね。

そこで、マスクに穴を開けてゴム紐を直接通しました。(穴は1ミリくらいでOK、大きく開けると千切れてしまいそうです。)



これで、ますくをユルユルに装着することができます。あまり緩すぎるるとずり下がってきますが。

※あくまで自分の唾液を周囲に飛ばさないためのマスクです。自分が外部からの粉塵・花粉・ウイルス等を吸い込まないという目的では、そもそもウレタンスポンジのマスクは効果が薄いようです。。。

耳が痛くて困っている方はヒントにでもなれば幸いです
ゴム紐

試しにやってみたら、ゴム紐は輪っかにしないで4本独立にしたほうが、装着したとき全然楽でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました