お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

フレットガット三線 Ver.5[PEライン]

フレットガット言うのは柔らかくて、かつ丈夫で伸びないものが良いらしい。

釣り糸の中に、PEという特殊素材を使ったものがあるそうです。
柔らかくて非常に強靭(伸びない・切れない)らしい。
フレットガットには向いているかも?

タコ釣り用10号&20号を試してみました。
pe10-20.jpg

PEラインって初めて見たけど、すごい柔らかいんですね。
編み込んであるタイプで、柔らかい普通の紐みたい。
でも、普通の紐かと思いきや、やっぱり、伸びない、切れない。
ナイロンの釣り糸と同じように爪切りで切ろうとしたら、切れない。
カッターで切るとあっさり切れる。

弱点は擦られるのに弱い点だとか。まぁ擦る事はないので問題なし。

まず、20号使ってみた。

結果、これまでで一番良い感じ!

10号も試してみたんだけど、なんだか中途半端な感じ。

ギターのフレットのようにしたいならもっと太いほうがいいし、普通の三線に近い感じで弾きたいならもっと細いほうが良い感じ。

以前使っていた銀鱗の五号は、結局細すぎる感じだったので、いずれ6~8号あたりも試してみたい。

今は太いフレットでギターのように使いたかったので、20号で。
(もっと太くてもいいんだけど、PEラインではこれ以上太いのはないようだ。)

フレットガット三線、良いと思いますよ。流行らないかな(笑)
普通の三線弾く人には抵抗が非常に強いと思いますが(特に見た目)
初心者が、まずは細めのフレットガットで練習して、その後でガットなしで練習すると、早く覚えられると思う。

それと、フレットが付いている事のメリットも色々とあるわけで、それを生かす奏法は、新しい三線の可能性を引き出せると思うのですが。

Ver.6へつづく

コメント

タイトルとURLをコピーしました