お品書き
書き直し中…
とりあえず、中へどうぞ
↓↓↓
スポンサーリンク

ピックの滑り止めコルクがすごく良かった!

先日、ピックの滑り止めシールを試してみたわけですが

⇒ ピックの滑り止めを試してみたBig Stubby + 滑り止め

意外と良さげな予感がしていたコレを買ってみたのです。
結果、感想は・・・

すごい良かったのです!!\(^o^)/

もう、これないとダメカモー(笑)

先日来お気に入りの Big Stubby と、Stubby(小さいジャズタイプね)に貼ってみました。


両面にコルクパッドを貼った場合と、片面貼りとで試してみたけれど、当然、何も貼ってないよりは貼ってあるほうが良い。そして両面貼りも悪くはないけれど、片面貼りのほうやっぱり弾きやすいかなあという感じでした。

片面の場合だと、コルクを親指側にするか逆にするかで迷いますが。

どっちも意外と悪くないけれど、最終的にはいつも人差し指側に落ち着いています。

これで、非常に大きな収穫だったのは、Stubbyが使えるようになった事。

素のままのStubbyは、どうも、小さいのに厚みがあり、エッジに向かってなだらかに薄くなっていく形状のため、フラットな面が少なく、全体として丸っこい感触がして、摘んだときにどうも安定感が悪い感じがして、ほとんど使っていなかったのですよね。

それが、極めて持ちやすく、安定します。

そして、これによって、BigStubbyとStubbyで音がハッキリ違うのが分かりましあ。

StubbyはBigより鋭い音が出る感じですね。

StubbyからBigに持ち帰ると、同じ音が欲しくてついつい強く弾いてしまう。

ホールド感はやはりBigのほうがよい。

Bigのほうが少し薄め、かつ、面積がある分、エッジまでのスロープがやや鈍いのかなと思います。要するに、StubbyよりBigのほうがやや薄い感じがするのですよね。

でも、どちらも悪くないですが。

無難なのはBig?音を求めるならStubby

結局Stubbyばかり使うようになった自分がいますね。。。

余談ですが、ある日突然、中国から郵便が届きました。

中身はこれ
注文したのすっかり忘れていました(笑)

チタンのピックが良かったので、たまたま見かけた「亜鉛合金」と書いてあるピックをポチっていたのですが、発送が遅く、忘れ去っていました。

亜鉛合金というのは、アルミ合金に近い感じのモノみたいなものみたいですね、アルミニウム、銅、マグネシウム、鉄の合金で、配合によって色や光沢が変わるのだとか。

で、届いたコレ、使い物にはなりませんでした。

ピックとしては形状がイマイチで。。。

上部に穴が開いているとおり、どうも、ペンダント(アクセサリー)用?
エレキギター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
調整中…
スポンサーリンク
SKILLS OF LIFE 3

コメント

タイトルとURLをコピーしました